品質管理

部材受入検査 (IQC):

当社は部材の受入検査を厳しく行い品質や数量が製造部門の要求に達します。検査記録が日付で保管されます。厳しい受入検査で不良品部材を使用確率が減りによって、作業の重複を減らして生産コストを有効に抑えます。不良品が全部記号を付けて返品エリアまたは廃品エリアへ搬送されます。

番号
原材料
検査ツール
検査項目
1
フィルム / 印刷したフィルム - PANTONE色見本 / お客様の校正紙(色校正ために印刷出力した物)
- フィルムの出荷検査報告書

寸法

数量
原材料の損傷
出荷検査報告書
2
グリッターパウダー - グリッターパウダー確認用サンプル
- 拡大鏡(ルーペ)
3
糊、粘着剤… 出荷検査報告書
4
紙ボックス、台紙、ヘッダー、ブリスターパック(Blister pack)、PETボックス、紙箱… - PANTONE色見本 / お客様の校正紙(色校正ために印刷出力した物)
- 確認用サンプル

 

 

工程内検査 (IPQC):

生産中に正確な原料、原料の厚み、数量、設備の温度、速度を確保するためIPQC検査が行われます。作業の環境や安全も操作標準に達します。すべて検測記録が日付で保管されます。

番号
製造工程
検査ツール
検査項目
1
表面処理 - すきまゲージ
- シックネスゲージ
- 生産機械監測データ(温度、速度)

厚さ
汚れ部分
半製品の幅、長さ
設備の温度や速度
不良な巻き上がる部分
2
粘着剤塗布作業 - すきまゲージ
- シックネスゲージ
- 生産機械監測データ(温度、速度)
3
切断 / 巻き戻し切断 テープの幅 - 巻尺テープ 長さ10M未満 - 実際に計る 長さ10M以上 – 計算する **半製品の長さが生産発注書や設備のデータと一致することを確認 巻の不具合
切断の不具合
汚れ部分
印刷位置
4
パッケージ - PANTONE色見本 / お客様の校正紙(色校正ために印刷出力した物)
- パッケージの説明書
テープ、梱包材料の色
テープ、梱包材料に汚れ部分
テープ、梱包材料に色付け不具合
パッキング位置

 

 

最終検査 (FQC):

当社は良い品質の製品を顧客に提供するため、出荷前に最終検査(FQC)を行います。すべて検測記録が日付で保管されます。将来の調べれるための出荷製品にサンプルとして少なくとも一組を残します

番号
検査項目
1
外観 - テープ:色、印刷不良、巻の不具合、切断の不具合、損傷、数量不足
- 梱包材料: 損傷, 印刷不良, 位置間違い, 材料不足
2
寸法 - テープの寸法
- 箱の寸法
3
粘着力&剥離率 引張試験機で粘着力や剥離率を測る
4
パッケージ & ラベル - 製造番号、製品番号、荷印、ラベル位置
- 内装箱数量、外装箱数量
- 出荷数量